1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ジョセ賦および極斬り育成に関してのあれこれ
  4. 斬り賊あれこれ » 
  5. ジョセ賦および極斬り育成に関してのあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:
ブログ内検索

ジョセ賦および極斬り育成に関してのあれこれ


斬り賊に

過ぎたる火力は

必要なし

どうも、ジョセフです。

<ここから前置き>

えー、ふと、おもむろに育成に関する記事ってのをジョジョにうpできればなーと思うのです。

といってもおれに書けることってのも少ないのですが。

細かい考察とかもめんどくさがりますので。

それに育成サイトっていっぱいあるしね。

なので、自分の経験に基づく主観でのみの記事になりますが、まぁ誰かの助けになったり、興味をひくことになればそれはしめたもんだなってスタンスで書いてければなーと思います。

まぁ、私的には、スキル・狩場などは必ずしも育成サイト様の推奨する通りに振れば・狩ればいいってもんではない

と考えます。

それがPSってもんです。

と言い切ってみます。

まぁ、それぞれの人が推奨するには理由がありますよね。

それを参考にして、自分で考えて振って・狩ってきゃいいもんだと思います。

また、ちなみにジョセ賦は「火力」よりもまず「回避」を重視した育成をしております。

それを踏まえた上で読んでいただけると幸いです。

<ここまで前置き>


ってことで、斬りに関して適当にいろいろ書いていこうかなと思ったのですが、まずは「ジョセ賦」の育成に関して。



-賦に至るまでの経緯-

まぁ、この辺は読み流してもらってもいいのですが、めいぽを始めたのが、確か2006年の初夏


リア友が「ネトゲでもやろうぜっ」ってノリで始め、イメージで戦士がいいなーと思って、サイコロもいじらず「大ふへんもの」っていう見る人が見たら「ああ、こいつ槍持って歌舞きたいのか」って名前のキャラを作ったのですが、、、

翌日、リア友二人が二人とも戦士にするって事実を知って哀・戦士

「んじゃおれ盗賊やるわっ!」って思ってビクトリアアイランドの大地に立ち、クンに話したあたりで、STRばっか振ってて、DEXが足りてないこと発覚。

てのが黒歴史

でも一次転職はなんとかしたものの、これはつらい(何がつらいかってダブルスタブがカラスに当たらない)ってことで、ちょっとぐぐってめいぽのシステムを総回診でお勉強した

「俺TUEEEE」ってやつがしたくて投げを作ることに。



三次の名前がハーミットっての見つけて、ああ、これしかねーな

って感じで投げの「ジョセ腐」育成開始(まぁ、見る人が見れば「ああ、三次ハーミットだしね」って思う)

で、遠距離は卑怯だ! 男なら正々堂々殴りあうべきだ! むしろやっぱ敵突っ込みたい!

なぜならMだから!

と思い、投げもそこそこに斬りを育成することに。



--そしてジョセ賦へ--

で、斬りには

・STR

・LUK

・うちわ(当時焼き芋とかはなかった)

ってのがあるのかー、てことを知り、選択


「当たらなければどうということはない」

という言葉に、目からビームライフルが出て、「通常の三倍避ける極斬り」育成へ。

付け加えると、通常の三倍避けるために、桃マンではなくイカマンを装備したりします。


でもあれだよね 赤い人って格闘じゃなくて射撃が強いんだよね。



---極のいいとこ悪いとこ---

思いつくことだけまとめます。


【メリット】

・とくに強化しなくてもそこそこの火力は確保できる。

・装備変更が圧倒的に少ない。

・ゆえに、変更毎の強化費用ってのがいらない。

・振り速度が速い武器が多い

・回避回数が増加する毎に黒字額も増加

・回避回数が増加する毎に攻撃回数も増加

・装備品が限られているため装備のこと(特にDEX関係のこと)での悩みがない


【デメリット】

・攻撃力の上限、下限の差がでかいため他の斬りよりもダメが安定しない。

・装備のマンネリ化

・「ピラテとかかっこいいなー」って思う(上下鎧への憧れ)

・総じて防御力が低くなりがち

・焼き芋が遅い(装備しなきゃいいだけですが)

・高レベになると他の斬りよりも火力で劣ってきたり(ってのをデメリットってとる人もいるよね)

・命中で困ることがある



ってなもんですかね。




----まとめ----


「火力!!!」ってのを求める人には一生極ってのは絶対オススメはできません。

が、他の斬りと比べて強化ハードルもそんな高くなくていいと思うし、あんまりメルをかけたくなかったり、かけられなかったりする人にはいいんじゃないでしょうか。

それになんか、一発をこだわるんじゃなくて、一連の流れというか、ソロならそのマップ全体、配置ならその範囲を狩るって見て、その辺にこだわって考えたほうが斬りを楽しめるんじゃないかなぁと。

「火力すげえ」って思われるのも嬉しいことですが、「一緒に狩りたいな(PTスキルはあんまないけど)」って思われるほうがより嬉しいこと。

と思います。
ブログ内検索

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://jojosmaplestory.blog85.fc2.com/tb.php/132-95c59ecd この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ついったー
Powerd by NiTwPress
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ジョセフ

Author:ジョセフ
ファンキーこそ真のアフロ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。